スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

足元を固める。

いろいろといじっていたSPの位置ですが、概ね納得出来る位置が決まりました。
ヘリコンはリアに二つもバスレフポートがあります。よってかなり後壁との距離で低音に影響を受けます。現在の位置は後壁から50~60㎝。ボンツキ対策にバスレフポートに詰め物をするのは最終手段として、足回りを固めました。
P8290004.jpg

P8290005.jpg

写真のとおりフローリング、タイルカーペット、御影石、ブラックダイヤモンドレーシングのスパイク受け、純正スパイク というセッティングです。位置をチョコチョコ動かすのにタイルカーペットは重宝します。(音的にはあまりよくないかも知れませんが…)
しかし、4点支持は高さ調整が難しいですね。がたつきを無くすのに汗だくになってしまいました。
この状態ですがかなり低音のボンツキが解消されています。ロック・ポップス系もまずまずです。
ドラムに切れが出てきました。決してハイスピードな現代系の音ではありませんが。
音場もSPの後ろに拡がる感じになっています。
ボーカルの生々しさはヘリコンの美点ですから言うまでもなし。

ただ一部のソースで特定の周波数に限ってボンツキが現れるようです。かなり大音量にした時だけなんですが。今後の課題ですね。

スポンサーサイト

この記事へのコメント

詰め物 - Akimitsu - 2007年09月03日 22:36:33

足元のタイルカーペットをバスレフポートの長さの分だけ切って、丸めてバスレフポートに詰めるといい感じです(笑。
タオルとかより吸いすぎない感じで低域のぼこぼこがなくなるのでお勧めです~。

- 亀之介 - 2007年09月04日 18:15:35

>>Akimitsuさん

タイルカーペットを詰め物にするという発想はなかなか面白いですね。
詰め物を試す時にぜひやってみたいと思います。

トラックバック

URL :

プロフィール

亀之介

亀之介
【使用機材】
ESOTERIC SA-60
JEFF ROWLAND SYNERGY
JEFF ROWLAND MODEL 1.1
DALI HELICON400-mk2

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
最近の記事+コメント
最近のトラックバック
☆全記事数☆
全タイトルを表示
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
RSSフィード
フリーエリア
ブログ内検索
FC2ブログジャンキー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。