スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岐阜市:ドラゴンジャッキーの「地獄の激辛鶏担々麺」

今日のお昼はドラゴンジャッキーへ。担々麺が売りの店なので、店内は胡麻の香りとスパイシーな雰囲気が漂ってます。

前回、汁なし担々麺を頂いたので、今回頂いたのは、「地獄の激辛鶏担々麺」

見るからに辛そうなビジュアル。
具はカイワレ、モヤシ、ネギ、鶏団子、肉ミンチ、タマネギ、半玉子。麺は汁なしと異なり中太の黄色い縮れ麺。この麺は腰がしっかりあって、スープがしっかりとからみます。スープは王道の担々麺のそれ。若干胡麻が強い感じ。唐辛子が五本ほど入っており、食べ進むほどに辛さが増してきます。CoCo壱番屋のカレーで言うと5辛~7辛程度。ほどほどの辛さですが、汗だくで頂きました。ご馳走さまでした。
スポンサーサイト

岐阜市長良:味やの「青にんらーめん」

長良に用事があったので、久しぶりに味やへ。岐阜で塩らーめんと言えばここ!という感じのお店です。めちゃ愛想がよくて、相変わらず店長の笑顔が眩しい。

頂いたのは「青にんらーめん」

塩らーめんに炒めニンニクとチンゲンサイが入っています。透き通った塩スープはあっさりとした塩加減。
麺は極細ストレートでツルツルと入って行きます。具は、チンゲンサイ、炒めニンニク、モヤシ、ネギ、チャーシュー。野菜のシャキシャキ感がそれぞれ異なり、楽しめます。チャーシューはホロホロと柔らかいタイプ。こちらも好み。量的には若干物足りないものの650円は良心的、土日でもランチサービスでご飯が50円で付くので、700円で満腹になります。遠いので年に一回くらいしか行けませんが大満足の一杯でした。ご馳走さまでした。

各務原市:よなやの「塩らーめん」

今日はムツゴロウさんの講演会を聞くために、各務原へ。久しぶりによなやへ行きました。前回訪問は数年前、店が狭く、オペレーションもイマイチでやたら待たされる事から敬遠していました。今回、店舗を改装して、広くなったとのことで久しぶりの来訪。

12時に行きましたが、外待ちは一組、直ぐに店に案内してもらえました。

頂いたのは「塩らーめん」。こちらの塩らーめんは淡麗系の透明なものではなく、魚介がしっかり効いた味のはっきりしたタイプ。具はシンプルにチャーシュー、煮卵、メンマ、ネギ。麺は自家製のツルツルシコシコした歯触りの中太。
スープが熱々で身体が温まります。具のチャーシューは自分の好みのホロホロと崩れるタイプ。煮卵も黄身のトローリがバッチリ。改装前と味は変わっていません。席が増えて、オペレーションも改善。
ご馳走さまでした。

名古屋市:ほくと亭(駅麺通り)の味噌ラーメン

駅麺に期間限定オープンで東京六厘舎が出店と聞いたので、11:30に行ったものの50分待ち…。仕事に間に合わないので、諦めてほくと亭へ。

本日は駅麺10周年とのことで、本日限定390円ラーメンが各店舗で提供されていました。頂いたのは「味噌ラーメン」

10年前、ラーメンブーム始まりの頃は美味しいな~と感じたここのラーメンも、その後色々と出て来たお店での味の進歩(?)についていけず、普通に美味しい程度にしか感じず。脂の層による保温効果でスープは熱々なのは変わらず。身体が非常に温まりました。

岐阜市:天津の「豚肉細切りあんかけラーメン」

今日のお昼は岐阜市の天津へ。昔からある老舗の中華料理屋。食べるのは定番の「豚肉細切りあんかけラーメン」
昔からこればっかり食べてます。

具は、タマネギ、ニンジン、タケノコ、ピーマン、キクラゲ、豚肉。全て細切り。
これらをジャージャー炒めたのをラーメンに乗せ、餡がかけてある感じ。
餡が熱々で身体が温まります。麺は残念ながら普通に柔らかめの中華麺。でも、昔ながらの味です。時々食べたくなる、そんなラーメンです。
ご馳走さまでした。

半田市:麺屋さくらの「キノコの和えそばクリーム仕立て」

本日のお昼は、半田市のさくらへ。ちょうど午後に阿久比へ仕事の用事ができたため、滑り込みセーフで11月の限定を食べに。

頂いたのは「キノコの和えそばクリーム仕立て」


出されたビジュアルからして美味しそうです。毎度ながら限定麺の創作に感心してしまいます。濃厚なクリームソースは醤油ベースとのことですが、これが実に美味しい。自家製平打ち麺との相性はバッチリです。さらに具のブラックペッパーを効かせたパストラミ風鶏チャーシューがいい塩加減で単品で酒のツマミにしたくなるほど美味しい。多種のキノコ、小松菜、味付け玉子とその他の具も沢山。これだけ手の混んだ一杯は中々食べられませんね。
大満足の一杯ご馳走さまでした。

岐阜市:むねちゃんらーめんの「スタミナらーめん(激辛)」

岐阜県内でチェーン展開しているむねちゃんらーめん。大福店が最近オープンしたので久しぶりに行ってみました。

頂いたのは勿論定番のスタミナらーめん。具はニラ、タマネギ、豚肉、モヤシ、ニンニク。これらを甘辛いあんかけ風スープで絡めて麺に乗せてあるかんじ。辛さは激辛で程よい辛さ。熱々のスープと辛さで身体が温まります。ニンニクはホクホクで全て食べ尽くし。麺は若干柔らかいストレート麺。スープのトロミとよく合います。昔から変わらない味。ご馳走さまでした。

岐阜市:たか嘉の「塩らーめん」

オープンした時に一回行って以来の久々の訪問。普通な感じの印象しかなかったので、岐阜駅に用事がなかったら来なかったかも。

頂いたのは「塩らーめん」、土曜日の昼でもライスがサービスに付きます。値段はこれで650円となかなかリーズナブル。
ビジュアル通りアッサリ系の塩らーめん。優しい味わいのスープ。具は海老、イカ、チャーシュー、キクラゲ、半玉子。麺は細ストレート、若干ヤワ目。岐阜駅近くの立地でこの値段でこれだけのらーめんが食べれるなら充分頑張ってる印象。家族でやっているようで、アットホームな感じも良し。
ごちそうさまでした。

大府市:麺の坊晴レル屋の「味噌DEカリー」

今日のお昼は大府市の晴レル屋さんへ。毎度行列のできている人気店。限定麺が夜のみなのが残念。頂いたのは
「味噌DEカリー」。冬はやはりつけ麺熱盛りに限りますが、こちらは熱盛りではなく、釜玉と言います。で、出てくるのが熱盛りの麺に生卵が落としてある物。生卵分お得な感じ。

味は流石に安定。味噌の風味は若干少なめだが、濃厚なカレーのツケだれは太麺に絡んで持ち上げもバッチリ。具はベビーコーンと薄い豚バラ肉にタマネギみじん切り。850円という値段を考えるとちょっと寂しいかな。自分的にはもう少し辛いとありがたい。
最後はスープ割り、美味しく頂き、体はポカポカです。

岐阜市:台湾ラーメン大吉の「台湾ラーメン一辛」

台湾ラーメンが売りの人気店。12時オープンなので、10分前に行くとすでに行列。何とか第一陣で入店。

950円と強気の値段設定ながらとにかく繁盛している。
頂いたのは「台湾ラーメン一辛」一辛にすると50円UPで大台に。二辛、ハイ辛と更に上があるが、ハイ辛は一度頼んで完食できなかった代物。二辛でもかなり辛いので一辛で。

昔とビジュアル的に変わったようで、肉ミンチがまん丸。
麺の下に隠れているモヤシと麺の上に乗っている肉ミンチをガーっとかき混ぜて頂きます。相変わらず辛い!実はこの段階ではそんなに美味しく感じません。ニンニクと生卵を投入して、本来の味。生卵のまろやかさが加わって美味いスープに。麺は平打ち太縮れ麺。汗だくになりながら頂きました。
ご馳走さまでした。

半田市:麺屋さくらの「秋の彩り味噌らーめん」

今日のお昼は半田市の麺屋さくらへ。火、水休みが多くてなかなか行けないが、知多半島屈指の美味しいラーメン屋さんです。

頂いたのは「秋の彩り味噌らーめん」10月の限定と言うことで、自分的には滑り込みセーフな時期です。もうビジュアルから美味しさが感じられる色とりどりの野菜が盛り付けられた一杯。

まずスープから頂くと、その味噌の芳醇な味わいが口の中に拡がります。ただ甘いだけの味噌らーめんとは一線を画す奥深いスープ。具は、秋の野菜ということで、カボチャ、サツマイモ、大根、エリンギ茸、青菜など。下味がついているようで丁寧な仕事ぶりです。ほろほろとした煮豚に味玉と本当に具に手間がかかっています。麺は中太のやや縮れた感じですが、しっかりとしたコシでスープとの相性もバッチリ。値段は880円ですが、ここまでこだわったらーめんなら納得です。久しぶりに感動できるらーめん。ご馳走さまでした。

岐阜市:博多のじゃっきー「博多の豚骨ラーメン(赤)」

お昼ご飯は博多のじゃっきーへ。子供が細い麺で豚骨スープ好きなのでリクエスト。

頂いたのは「博多の豚骨ラーメン(赤)」前回のまぜそばはイマイチだったので、通常メニューから選択。
見た目は白に一味唐辛子が降ってあるだけに見えるが、スープの中に辛味味噌が埋まってます。ガーッと混ぜると、全体が赤色のビジュアルに。

具は定番のキクラゲ、ネギ、チャーシュー。麺も定番の極細ストレート。まあ普通なライトトンコツ系の感じですが650円と考えればまずまずですね。
ご馳走さまでした。

知多市:かっつも亭の「味噌らーめん(イエロートッピング)

今日のお昼は知多市のかっつも亭へ。10月1日オープンの新店。と言っても、小牧の永龍亭が移転した店なので、味に保証あり。

頂いたのは味噌らーめんにイエローをトッピング。

まずは普通にイエロー無しで。かなり甘めのスープです。表面を油の層が覆ってるため、あまり湯気が立っておらず、熱くなさそうですが、麺を持ち上げると盛大に湯気が。相変わらずの熱々のスープ。
具は、メンマ、モヤシ、チャーシュー。チャーシューは乾いた感じの分厚いのが一枚。これらの具はすすきのラーメンの定番。麺は太縮れ麺で非常にコシがあるもの。

イエローは肉ミンチに唐辛子が練りこんであるようなもので、これを投入すると一気に味に深みが。辛さが若干増して、熱々のスープとあいまって、あっと言う間に完食しました。知多半島でこの手のラーメンはないのでありがたい。ご馳走さまでした。

名古屋市天白区;徳島ラーメン麺王の「徳島ラーメン(バリカタ)

今日のお昼は、遠出して名古屋市へ。あまり食べる機会のない徳島ラーメンの店へ。チェーン店のようで、ファミリーでごった返しています。店員が元気がいいというか、やかましいくらい…。より店内の喧騒感が増します。

頂いたのは「徳島ラーメン(バリカタ)」の豚バラ肉増し。

徳島ラーメンは別名すき焼きラーメンと言われるもので、トンコツ醤油のスープはかなり甘め。さらに豚バラ肉がかなり甘く煮てあるので甘さ増強。生卵で食べる豚バラ肉はまさにすき焼き!
麺は細ストレートで九州系のもの。余りの甘さに、途中で唐辛子やら投入して完食。まあ当分食べなくてもいいかな。ご馳走さまでした。

常滑市:茶屋亭の「辛ネギそば」

今日のお昼は常滑市の茶屋亭へ。常滑の人気店。13時過ぎに行ったのにほぼ店内は満員状態。

頂いたのは辛ネギそば(700円)。

見た目の赤さほどの辛さではなく、ピリ辛程度。具は、チャーシュー、メンマ、ネギ。それぞれ細く切ってあり、麺と一緒にかき込むタイプ。
麺は腰がある細麺。あまり唐辛子が練りこんである感じは残念ながらせず。

本日はブレなのか、少しスープがしょっぱい感じ。結構のどが乾きました。全体的に無難な一杯。どうせならもっと辛めに振って欲しいところ。ご馳走さまでした。

瑞穂市:大勝の「味噌ベトコンラーメン」

今日のお昼は穂積の大勝へ。ガッツリ二郎系からベトコン主体に代わったお店。

頂いたのは味噌ベトコンラーメン。クーポン利用で340円です。

前回は醤油ベトコンを頂いて好印象でした。
具は、基本醤油と変わらずモヤシ、ニラ、ニンニク、チャーシュー。スープが違うだけのの模様。味噌ベトコンと言うと、肉ミンチが入っていることが多いが、こちらは違います。
スープはあまり味噌っぽさを感じさせず、味噌少なめの味噌汁をイメージさせます。麺は、細めのストレートですがわりとコシのあるタイプ。
定価680円と考えればまずまずですね。
土日でもお昼はライスサービスなのでコストパフォーマンスは高いと思います。ご馳走さまでした。

半田市:麺屋さくらの「あぶらそば 麺屋さくら流」

今日のお昼は半田市の麺屋さくらへ。月曜日に営業してる貴重なお店。かつ、知多半島ではかなり有数の美味しいお店です。レギュラーメニューは全て食べてるが、月替りがあるのでありがたい。

食べたのは9月の限定「あぶらそば 麺屋さくら流 サーモンとポーチドエッグのサラダ仕立て」

ビジュアルからして、通常のあぶらそばとは全く違います。イタリアンな佇まい。
具は、サーモン、ポーチドエッグ、水菜、プチトマト、紫タマネギ、サヤインゲン、パプリカ、アボカド。
麺は太平打ち麺を醤油とガーリックオイルベースのタレで調理したものとのこと。あぶらそばなのでスープは少なく、ガーリック風味のマヨネーズソース。

あぶらそばと言いながら、あぶらっぽさは感じさせず、かえって野菜がたっぷりでヘルシーに感じます。全体を混ぜて食べますが、なんだかパスタをいただいてるかのよう。冷製な各種野菜のシャキシャキ感とクルトンのパリパリした感じ、さらに平打ち太麺のもっちりとした食感が織りなすハーモニーにやられてしまう一杯です。実にレベルが高い!ご馳走さまでした。

大垣市:新羽亭の「らーめん朱(3辛)」

今日のお昼は大垣市の新羽亭へ。とんこつらーめんのお店。今回三回目の訪問。らーめん白、つけ麺と頂いたので、今日は辛い系の「らーめん朱(700円)を頂きました。

土鍋で提供されるのが珍しい。具は、チャーシュー、半熟玉子、ネギにキャベツの千切り。キャベツは珍しい。
スープは相当濃度の高いトンコツスープ。ドロ系とはいかないまでも、かなりコッテリ。辛さは三辛でも程よい程度の辛さ。麺はこの手の定番の細ストレート。特に硬さは聞かれないし、指定できるとも書いていない。少し柔らかめなので、指定できるとありがたい。

とにかくスープの濃度が気になる一杯。ライトトンコツに慣れた身には厳しい。喉からからになります。ご馳走さまでした。

武豊町:一八の「汁なし担々麺」

今日のお昼は武豊町の一八へ。ラーメンブームが始まる前からある武豊町の名店です。1時近くに行ったのに店内で待ち。そのあと、さらに店の外にも待ちができるほど。
醤油、塩、味噌、つけ麺、油そば等々豊富なメニューがありますが、今回頂いたのは「汁なし担々麺(800円)」

具は、しらがネギ、ちんげん菜、チャーシュー、肉ミンチ、落花生、温泉玉子。麺は自家製の縮れ中太麺。一気にかき混ぜて頂きます。辛味は若干強めだが、濃厚なタレが麺や各種具材とうまく絡んで実に美味しい。味変アイテムとして、ラー油と酢が出されますが、これを加えるとよりまろやかな味わいに。レベルの高い一杯ですが、若干ボリューム感に欠けるのが残念。
ご馳走さまでした。

東浦町:あっ晴つけめん堂の「濃厚焼き干しつけ

東浦町のあっ晴れつけめん堂にて昼ごはん。ここは、駐車場が三台分しかないため案外食べることができないことが多い店。

頂いたのは「濃厚焼き干しつけめん(780円)


ツケダレはグツグツと煮立った石鍋で出てくる濃厚豚骨魚介系。焼き干しの風味がかなり強い。中には細かいチャーシューと穂先メンマ。具的には少し寂しい。
麺はつけ麺で定番な感じの極太ですが、熱盛で頼むと絡むのが難点。
味変アイテムのすだち酢を投入すると少しサッパリした味わいに。
全体的にはありふれた一杯ではあるが、無難に美味しい。ご馳走さまでした。
NEXT≫
プロフィール

亀之介

亀之介
【使用機材】
ESOTERIC SA-60
JEFF ROWLAND SYNERGY
JEFF ROWLAND MODEL 1.1
DALI HELICON400-mk2

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
最近の記事+コメント
最近のトラックバック
☆全記事数☆
全タイトルを表示
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
カレンダー(月別)
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
RSSフィード
フリーエリア
ブログ内検索
FC2ブログジャンキー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。